Fly Fishing Shop Expert Advice and TOP-of-the-Line Gear Hermit

予算別入門タックル


 フライフィッシングを始めるのにすべての方に同じタックルをお勧めするのはタブーでしょう。世の中にはお金がないけれど始めてみたい学生さんから、リッチな外車を乗っている方まで様々。そこで予算別に5分類にしてみました。

 下の項目をクリックするとその内容が表示されますので、購入の目安にしてみてください。また、ここで表示されるセットは目安ですが、御相談いただければ予算内で揃えまして通販することもできます。

 ちなみに一般渓流のフィールドへ踏み出したい場合は、さらにベストやウェーダー(釣り用長靴って言いえば良いのかな?)や、その他付随するものは別途かかかります。内容はピンキリですが、どんなスポーツでもお金をかけようと思えばいくらでも高いものがあります。例えば竹竿になればビンテージロッドで80万円なり。かといってロッドが1万円だろうが80万円だろうが、釣れる魚とその感動は同じ。身分相応のフライフィッシングをお楽しみ下さい。 わからない事は何でもご相談を。

学生・新入社員コース
予算\2.2万~
お付き合いの一日コース。はたまた、予算はないけれどフライフィッシングを初めて見たい人はこちら。もっと安いものが欲しい人は、某サイトの中古市場か上州屋さんへ。
サラリーマンコース
予算\4.5万~
フライフィッシングを始めるのはボーナスと奥さんの機嫌次第。趣味として認められる、怒られない程度のそこそこの予算で始めたい。または少しずつ道具を揃えていきたい方。
管理職コース
予算\7万~
何かとおもしろうそうなフライフィッシング。でも部下より安い道具では、どうも納得がいかん。そこそこの良いものがほしいので、恥をかかない程度の道具が欲しい。
確定申告コース
予算\16万~
私は確定申告をする身分。車はもちろんドイツ(or イタリア)車。半端な道具で笑われるのだけは避けたい。やっぱりカタチから入らないとなぁ。長く使える良い道具が欲しい。
やっぱりキャスティングの基本をみっちり勉強してからでないとフィールドへ出るのが恥ずかしい。多少遠回りでも、フライフィッシングを長く続けたいので高番手から出発する。

[BACK]