Fly Fishing Shop Expert Advice and TOP-of-the-Line Gear Hermit

何が釣れるの??


Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image



 「フライフィッシングには釣れない魚はいない。」とでも書いておきましょうか、というのは冗談ですが毛ばりは大きさを変えればどんな魚でも釣ることができる擬似エサのひとつ。水面近くにいる魚はすべて釣ることは可能である。フライフィッシングのイメージとして鱒類(トラウト)を釣るのが一般的だが、実際はブラックバスや鯉、鮒などの他に海の魚も釣ることもできるのですヨ。

 フライラインの届くところの魚はすべてが対象魚。でもハゼやフナなども釣ろうとするとキャスティング(投げること)をしないでも釣れてしまうので、ただの毛ばり釣りになってしまう。この釣りはキャスティングの腕試しを楽しんでいる感もあるので、ある程度の魚との距離がないと釣りが陳腐化してしまうので、投げないで釣れる魚はフライフィッシングではまず狙わない(相手にする事は少ない)、と思った方が良いでしょう。

 また、フライラインが届かない深海魚もダメ。それはフライ用の糸(フライライン)は沈ませられる限界があり、せいぜい20メートルといったところ。オモリを使わないこの釣りは、フライラインの重さだけで沈めるために(沈ませて使う専用の糸がある)、売られているフライラインの長さが約25m前後だと言うことを考えれば致し方ないこと。


Placeholder image
Placeholder image

 海の魚ではカツオやマグロ、シイラ、カジキといった海にいる大型魚は水面近くまでくるのでメインターゲット。釣れないのはキンメダイ、アコウダイ、アンコウ、バラムツなどの、100メートルを超える深海魚。この魚をフライで釣りたい人は諦めてください。 (最近ではこのジャンルを強引に約200m近く沈めて釣る方もいますが、フライキャスティングは必要なくなります)。

 ちなみにハーミットのお客様が楽しんでいる魚は、管理釣り場のトラウト狙いから海外遠征でターポンやパーミット、セールフィッシュ(バショウカジキ)といったものまで、その魚種は数えたらきりがない。なので、釣りたい魚を決めてもらえればなんでもアドバイスします。たとえば魚の大きさで言えば5センチから2メートル位の魚まで相手にするので、道具もおのずと変わってきます。

 もしあなたが今年からフライフィッシングを始めたとして、一年に一魚種ずつその魚に専念したとしても、もしかしたら残りの人生では足りないかもしれません。あ〜、そんなこと考えているから釣具屋の店主になってしまったんだな、うん・・・。

[BACK]

Placeholder image
Placeholder image