Placeholder image

Keough Hackle


ミシガン州にあるビル・キーオが養鶏するジェネティックハックルが、このキーオ ハックルフェザーです。彼は養鶏からスキニング、そして染色にいたるまで自身でこなすというこだわりよう。時を経てそのグレードは昔とは比べ物にならないくらい進化しました。毛の質感は、ストーク(軸)がしなやかで巻きやすく、ファイバー(横の毛)にバラツキがないのが特長です。ハイグレードさはメッツよりも上だと感じます。ハーミットではこのキーオハックルを値ごろ感のあるセカンド・ハーフを混ぜて扱っています。入庫が少ないハックルですので、ある時にドウゾ。