Placeholder image


通販でのシューズのご購入はサイズ選びが難しいと思います。各メーカーによりその考え方もまちまちで、実寸よりも若干大きめに作られているものもあります。サイズ選びに不安を感じた場合は、思っているサイズより一つ大きめ(基本は普段履いている靴のプラス1cm以上)を購入される事をお勧めします(日本人は特に甲高なのでサイズ大きめがおすすめです)。

通信販売の場合、履いてみて小さい場合は最悪です。もし、サイズが大きかった場合は、厚手の靴下や専用の靴下、または中敷きなどで調整する方が小さかった場合よりもずっとましです。もちろんサイズの交換はいたしますが、送料がお客様負担になってしまうことをご了承下さい。

サイズ選びに不安を感じた場合はご注文時に備考欄へ普段履いているスニーカーサイズと足幅、履いているウェーダー、気になる点などをお書き添え下さい。アドバイスいたします。

シューズ類は季節商品につき、8月を過ぎると翌年2月頃まで入荷はほとんどありません。また春先にモデルチェンジ(マイナーチェンジ)するものがでてきますので、秋から冬場はご希望に添えないことが多くなります。

※近年ラバーソール製品が増えのは、北米を中心に被害があるディーディモ(藻)の被害を減らすために、USAの一部とNZでフエルトソールを使用禁止にしているための処置です。日本ではディーディーモの被害報告は聞いておりませんので、お客様の安全を考えますとフエルトソールの商品をお勧めします、ラバーソールは特に濡れた石や苔の上ではグリップ力が弱いです。日本渓流では事故報告が多いので、当店はお勧めしていません(私的には日本では絶対使いません)。 日本の渓流でラバーソールを試してみたい方は、安全の為に少なくともスタッドピン(別売で5,000~6,000円)をソールに打ってお使いください。もし、海外遠征でラバーソールのシューズが必要な場合はお取り寄せしますので、何なりとお申し付けください。